• 無料駐車場
  • 資料ダウンロード
面談はこちら 相談受付中

024-528-5780 

つがならない場合は、090-5830-9850までお電話下さい

平日8:30~17:30 土・日・祝日・夜間も相談可能!(要予約)

生命保険金の請求

被相続人が、自分を被保険者とした生命保険金については、受取人がどのように指定されているのかで分けて考える必要があります。以下のケースを参考にしてください。

ケース1 保険金の受取人として「相続人」が指定されているケース

被相続人が「相続人」の誰かを受取人に指定していた場合は、生命保険金請求権は受取人に指定された者の固有の権利であり、相続財産に含まれません。

但し、受取額が高額になる場合には、特別受益として考慮される可能性もあります。

ケース2 保険金の受取人として「被相続人(死亡した人)」と指定されているケース

被相続人が自分自身を受取人として契約していた場合、

まず、満期保険金(養老保険や学資保険などの貯蓄性のある保険において、被保険者が満期時まで生存して満期を迎えることにより受け取ることのできる保険金)は、保険契約の効力発生と同時に被相続人の財産となるため、満期後、被相続人が死亡すれば、被相続人の相続財産に含まれます。

一方、保険事故による保険金請求権は、保険契約者の意思を合理的に解釈すれば、相続人を受取人に指定する黙示の意思表示があったと考えるべきであり、被相続人死亡の場合、相続人の固有の権利となります。

ケース3 受取人を指定しなかったケース

保険金受取人を指定しなかった場合は、保険約款の規定にしたがって判断することになりますが、保険約款には、相続人に支払う旨の定めがあり、ケース1と同様になるのが通常です。

生命保険金を請求する際に必要な書類

生命保険金を請求する際に必要な書類の主なものは、

・保険金請求書(保険会社所定の書式)
・保険証券
・死亡診断書(または死体検案書)
・被保険者の住民票(または戸籍謄本)
・保険金受取人の戸籍謄本
・保険金受取人の印鑑証明書
・災害事故証明書、交通事故証明書(死亡原因が災害・事故による場合)

が挙げられます。

※必要書類は、各保険会社によって異なりますので、事前にご確認ください。

この記事を担当した執筆者

福島いなほ法律事務所

佐藤 初美

保有資格
弁護士・家族信託専門士・ファイナンシャルプランナー(AFP)・介護職員初任者研修修了
専門分野
債務整理・相続・遺言・家族信託・成年後見・その他
経歴

専門家紹介はこちら

主な相続・生前対策のメニュー

ご相談が多い相続手続き一覧

  • 相続調査・診断サポート

    110,000円〜(税込)

  • 相続手続サポート

    165,000円〜(税込)

  • 相続手続き丸ごとサポート

    275,000円〜(税込)

  •  
  • 遺言コンサルティングサポート

    88,000円〜(税込)

  • 生前対策
コンサルティングサポート

    330,000円〜(税込)

  • 家族信託サポート

    495,000円〜(税込)

相続手続のご相談をご検討の皆様へ

ご自身で手続を進めようとお考えの方も注意が必要です

  • こんなに大変! 戸籍取得をする場合 法律知識が必要で手間がかかる こちらをクリック
  • 注意が必要です!ご自身で取り組む場合 相続手続ワンストップサービス こちらをクリック
  • 相続に特化!当事務所の取り組み 当事務所が選ばれる理由 こちらをクリック

相続・遺言の初回無料相談受付中!

024-528-5780

つがならない場合は、090-5830-9850までお電話下さい

平日8:30~17:30 土・日・祝日・夜間も相談可能!(要予約)

相続のご相談は当相談室にお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 相談の流れ
  • 問い合わせ
Contact
相続の相談受付中!
PAGETOP